ハタチになった君はどこで何してる?

会わなくなった人 連絡を一切とってない人 卒業以来見てない人 何も聞かない人 「あいつ、高校の卒業ギリギリ無理らしいよ」とか「ネットで出会った茨城の人と結婚したいて言ってるらしいよ」とか本当かどうか分かんないけど、しょうもない噂ばかりがピック…

おれの能力こんくらい

飲み放題で女が三口くらい残す親指と人差し指にまだまだ余裕あるそんくらい。店長に言われた 「お前の能力はこんくらいだ!こんなちっぽけだ。」「社会に出た時のためにいっているんだ」「三年目になったら許さない」 そんな途方もない先のことなんてわから…

・   

靴下に穴があいてる。 指先に空いた穴がある靴下を とある地域で「おはよう靴下」という。最近は踏ん張り過ぎなのか足の裏ばかり穴があいてる。靴下が雑多に入った箱の中を整理すると、穴があいてるのと 全然はいてない綺麗なのと 片方しかない靴下しかなか…

キモオタをやめて得たこと、失ったこと

かつて私はオタクだった。キモい方の。いとこの影響だった。 田舎の小学校に通って同級生が一桁しかいない閉鎖された空間で過ごしていた私には週一で遊びにくる同級生のいとこが持っているものが新鮮だった。いとこの持っているもので、今でも一番羨ましいの…

俺は自分を守りたいけれど

どうやって守ったらいいかわかんない 今日の格好は自転車より歩いた方が可愛いからゆったりとした五キロを進む。長いバイパス沿いでやっぱり自転車で来ればよかったなんて思いながら 日差しを睨む。絶対に焼けたくない。先週、慣れないパンプスを履いてアパ…

泣いてもい?

泣かないように毎日頑張ってる。 「あなたは強いね」 「そんなことないよひとりで夜、泣いてるよ 強くなんかない」 「そうなんだ でも私には強く見えるよ」 弱さを他人に見せる強さがないだけで、不器用なところを他人に見せられる器用な人が羨ましいな ____…

願ったり叶ったり

死んだり。

銃口を向けられたことがある人生

最近の道路ってなんでBB弾落ちてないの? 顔写真の鼻の穴と目を画ビョウで穴開けられる人生。 「死ね」って言われたことがあるけど「愛してる」と言われたことがない人生。 自分の人生とは言え、自分が選択できることは限られているような気がする。いや、銃…

「カレーなのに美味しくないって相当じゃねーか」

いいから食べろや。 友人がカレー作ったらしい。牛すじカレー。「おいしくないから食べに来ない?」って聞かれて、「今日 バイトだわ」と断ってバイト先でこのことについて話したらこう返ってきた。カレーなのにっていうカレーのステータスかっこいい。いや…

誰かの汗のにおいがする季節

全然入ってこないテレビ番組と、散らかった部屋。誰かはもうここにいないから、すっと自分から意識を抜く。さんざんサボった洗濯のせいで明日つける下着がなくて、ぼやけた体で身の回りをやっと片付ける。 毎日楽しい。夜遅くまで学校に残ってみんなの顔色を…

世界は自分以外と全てしかないけど、大丈夫

冷や汗をかいてハッと目覚める。 まだ薄暗いカーテンを眺めては 夢かと一息ついて 重たいからだを起こしてまだ頭のなかで鮮明な記憶をなぞる。 どんな内容だって夢の中で喧嘩して途中で現実へ帰るとドキドキする。ハッと目覚めたなんて最悪。生き返ったよう…

愛し愛されて生きなければ地球は丸くならない

とんがってる。トゲトゲである。もう、それはそれは鋭くて 私が四面楚歌だったからもう周りにも優しくなんてできなくて四方八方 殺傷能力がすごい。 そんな日もある。 幼稚園から高校生の間に一人で自立して社会で生きていくための「生きる力」を身につける…

たまごかけごはんにごま油入れるとうまいってギャルの友達が言ってた

ギャルを見習っていきたい今日この頃ですね。 おしゃれなジョジョ好きの実家暮らしの友人がこういった。 「一人暮らしってさ、自分の好きなもの食べれるじゃん?朝からパンケーキとか作ってさ、おしゃれなもの食べてるんでしょ?」 ち が う 一人暮らしでは…

とばせ

音をとばせ メトロノームの音を聴いて16拍まっすぐのばせ 音をとばせ この世のノイズをぜんぶ消すようなくらい大きな音でうめろ 音をとばせ 昼休みは私しか練習してないから私の音だけを聴いて 音をとばせ 下なんて向くな 空に向かってあの人へ向けて 音をと…

めくるめくみらい

明日から新学期ですわ さてはて youtu.be 人は変化を嫌う ということが分かりすぎるこの歌。さすが大森先生 この曲の共感する私の意見は親を始めとした親戚のみなさんは私をこの「さっちゃん」のように思っているということ 成長しないで さっちゃん 茶髪に…

苗字がきらいだからはやく結婚したい

小さい頃いじめられたので。 更にそういう言い間違えをしてにやにやする人も卑しいので。 私にこの漢字は似合わないからこの人とは結婚しないだろうなって付き合ってもいない好きな人について考える脳ミソ半壊花畑牧場。友達に上の名前も下の名前もなんかし…

春からセーラー服

女子高生って最高。みんな同じ制服を着ているはずなのに個性が一番分かりやすくて大好き。彼女たちは学校内での上下関係とか決められたルールの中で めいっぱい自分を魅せる方法を知ってる。スカートの丈・開けたシャツのボタン・リボンやスカーフのカタチ・…

ラインのトーク消す派?消さないでとっとく派?

初めて手にした「自分の」携帯がすでにスマートフォンの現代っ子 手にしてから半年くらいでクラスの仲がいい子に教えてもらったライン。始めたばかりのときはクラスの人ほとんどやってなかったのに、もうみんなラインやってる。大嫌いなラインのはずなのに便…

5%オフで欲しかったもの

本当に欲しかったものはなんだっけ イオン系列や某薬局で5%オフの日に買おうって思ってもその日になったら何が欲しかったのか分からなくなる。 本当に必要で欲しいものはその場で買っちゃうのに、いつか、また今度ってすると結局忘れてしまう。お財布と相談…

初めて行った献血で色々貧血

ずっと献血に憧れていた。別に注射が好きなわけではないけど、親がしているのを見て小さい頃は泣いてたらしいけど、ずっとやりたいって思ってた。 初めての献血は仙台のアエル。ガラス張りのビル、確かF12。二階の入り口の庇には大きなヒビがはいっていた。…

どうしようもなく陽はまた昇る

黙祷をするべき時間に目が覚めた。「死にたい」と自分を呪っては眠れなくなった。いっそ泣ければいいのに、泣き疲れて眠れてしまえばいいのにと思うけど涙もでない。やっと日が上って明るくなった頃、眠りについた。完全に昼夜逆転だ。友人と気まずくなる夢…

大人になるな

あぁ もうこんなに月日が経ってしまったね 高校時代とか中学時代の制服を着てた頃のもう戻れないって知ってることをふと ふり返るとかけがえがないことのように思える。 引き返すことができない一本の道を歩いてる。当時はそのことが分かるようで、でも近す…

読書感想文で夢を叶えた話

やる気はあるけど、進まない夏休みの課題部門、しぶしぶスタートダッシュを切ったもののまとまんなくて途中で投げ出したくなる宿題部門、一生懸命書いたけど、なんの感情も残らない課題部門、三つ一位。三冠達成おめでとう! お題「読書感想文」 どくしょか…

煙草

「煙草吸うんですか?」 なんの気なしに聞くこともあれば、なんか不思議な匂いがする相手にも聞く。だいたい外れる。まあ、煙草ぽい匂いではないなと分かってはいるのだけれど。 「逆にあなたは吸ってるの?」 と問われる。もちろん「いいえ」。一箱四百円・…

どこか忘れてしまいたいと思うもの

きれいじゃない思い出でも私を育てている 後期の初めの授業で先生は宇多田ヒカルさんの「桜流し」という曲をおすすめしたらしい。私は初回の授業を休んだから「らしい」ということにしとく。先生はラジオのように授業の感想をリスナー(生徒)から集ってそれを…

たのむ

できれば、私の友達の悪口を言わないでほしい。嫌なところを言うのは百歩譲るから。どうしようもないことは言わないでほしい。 両親の悪口を言わないでほしい。私の半分と半分だから、私の悪口を言うのはいいから、直すし。根本的な否定をしてそれと似てると…

2年2組22番

私は23番。 クラス替えって一人違うだけで残酷になったり、天国になったり。22番という数字に固執はしてないし、すべて2が揃うのがお似合いな友達が22番だったのでとてもよかったと思ってる。本当。 家を出て街を歩く。歩いている人はいないけど、接触しそ…

一人で家で食べるときは餌みたいな雑なご飯を一応「いただきます」といって暴食するだけなので、さっぱり満たされないし、誰かと食事をしたほうが健康にも精神にも良いとは思うけど、人とご飯を食べるのが好きか問われると素直にうんと言えない。緊張するし…

ばいばい

自分の思っていることを口に出すことがこわかった。 ひとりで抱えていたことを初めて伝えた。 電話を切る前と話の途中の空白を思って、ようやく涙がとまらなくなって目から流れる涙があたたかいことに気づく。 過去と今と会わなかった二年間とこれから、を …

出汁って何度でも「でじる」って読んじゃうな

ダシってちゃんと読もうな 小さい頃お世話になってた給食には本当はリッチな食事だったのだなあと最近になってしみじみ思う。中学生まで嫌いな食べ物が 野菜 だったため、副菜と汁物は小学一年生のときの担任の先生との「嫌いなものを一口だけ食べる」という…

学生 一人暮らし 仕送りなし で検索かけるのはもうやめようね

春休みが始まって2週間たった。 進学が決まった新入生の新居の希望を取り、不動産に電話をかける、仲介のバイトをした一週間。卒展に加え、学校の食堂がリニューアルされ、地域のニュースになり一般の人も入れるため、人だらけでうんざりだった。 雪も容赦な…

券売機で一番端の

いつも乗り換えで降りるこの駅の街のことを何も知らない。難読駅。 ジジイかババアか分からないロン毛の老人。妊婦かどうか分からないロングワンピースの女。寒いのに駅でバイバーイってドアを閉めずにずっとやってるカップルを睨むおじさん。席を譲らない中…

カラオケに行きたくないのうた

行きたくない 行きたくない カラオケなんて 行きたくない 歌を歌っているだけで なんで おかねとられるの? 歌を歌って 評価されるのは 音楽の授業と ミュージシャンだけでよくない? マイクなんて通さないで あなたの鼻唄 聴けるだけで 幸せなの 私だけが聴…

枝毛

冬に思いっきり髪を切った 切りすぎて 寒いなぁと思ってたら 「長い方が良かった」って 小声で言うんだ 丸聞こえだよって思いながら 視線泳がして 聞いてないフリをした そのまた二年後髪を切った 入試のために 10cm 季節は夏 何か言われるかなぁ でも 聞き…

快適じゃないここは四度

二階建てのアパートに住んでいる。 日当たりの悪い110号室。当時は私が最後にここに決めてあとは全部埋まったぽい。104号室がない。4と9は不吉だと思われるのでないアパートが多いらしい。 月々三万円のこの部屋が何畳なのか分かってない。物を置くとせまい…

中学生すごろく

は〜じまるよ〜〜〜 席替えをする。くじ運はない。三マス戻る。 部活の大会で負けて泣く。それでもいいじゃん。悔しくて泣けるくらい頑張ったじゃん。それを強みにして生きていく。次回、サイコロ二回ふった数を足して進める。 好きな子に牛乳をあげる。or牛…

キリトリ線

中学生の時、マンガを学校へ持って行くのはダメだったんだけど、部活の日とかに友達とお気に入りのマンガを貸し借りしていた。少女漫画「ストロボ・エッジ」を読んで 貸してくれた友達と 安藤くんがかっこいい だの 蓮は最後必死すぎだ などと盛り上がってい…

曖昧なことに救われて

知らなくていいことは知らなくていい。私がハッピーエンドに変えてあげる。 あけました。新年早々おなかいたいです。 ポップ ステップ ペンギン です。みんなみたいに飛べなくても、海を泳げるよ みんなと一緒じゃなくてもいいところあるよっていう前向きな…

お客サマは神サマではない

なんと東京の最低賃金は860円らしい。 久々に友達とイオンへ遊びに行ったらポケットWi-Fiを売るとても会話が上手なお兄さんと話し込んだ。ダーツの旅感覚で各地のイオンを回っているらしい。派遣社員なんだろうな。前にスポーツ量販店のオープニングバイトで…

おっぱいマウスパッドを考えた人は最低だけど、マジでその発想はすごいと思う。

この世にない物を生み出す、というのはやっぱり、ハングリー精神なのか。 おっぱいマウスパッドを考えた人は、PCをいじっているときにあ〜〜ここにおっぱいがあったらいいのにと思ったのだろうか、はたまた、おっぱいが触りたくて仕方がなかったのか、おっぱ…

40分遅れて来た田舎のバス

謝らない運転手にはジャーマンスープレックス 雪の中最大1時間強待ったことあるけど、女子高生だったので80デニールのタイツにローファーで 謝られても許せなくても何もやる気が起きない。ただただはやく救われたい。 人前で話すことが苦手だ。プレゼンが大…

息が白くなった日

20161121 友達の誕生祝いにハンバーグを食べにファミリーレストランへ行った。私は普通のハンバーグを、友達は私の2倍のチーズフォンデュハンバーグを食べた。あんな大きなハンバーグを初めて見た。一口もらった。「次からチーズフォンデュを頼む?」と聞か…

クララじゃないけど立つのつらい

五体満足なので、厚底でバランスをとってる。 ヒールは履かない。みんなより頭一つでるし、転ぶし、厚底もはかない。 尊敬する人は誰か?と聞かれると誰の顔も思い浮かばない。ちょっと前までお父さんと答えていたけれど、みんなそれぞれの痛みを背負って生…

ずっと見てる

私たちのずっと遥か上の方で形を変えながらフウフウ生きてる。 夏はもっと遠くにあったような気がするのに冬はなんだか近くにいるみたいだね。全然届かないだろうけど、こんばんは。あなたが近い日は温かいんだよな。あなたがいない夜はめちゃくちゃ寒いんだ…

おるちゃん

オーーーーーーールチャンス 20161115 イエスマンを見た。向かってくる誘いにイエスって答えてく、人生にイエスっていう映画。 人脈の薄い私もこうしたらいいんじゃないかしらって思った。なんでも誘いに乗る、頼られたら引き受ける。他から迫られる選択肢に…

ドライアイス

空気より熱くて冷たい温度だから白い二酸化炭素をもくもく出しながらゆるやかに溶けてゆく。 まだ三分の一くらいあるリップクリームが折れて、こんな時間に玉子焼きを作って食べて、スーパームーンを雲の隙間からほんのり見て、今日もラジオでお便りは読まれ…

表裏

みんなのこと好きだけれど、本当は誰のことも好きじゃない。

魚卵

最近、闇金ウシジマくんを見た。ドラマのシーズン1-3と映画1と2。3もやってくれ頼む、ネットフリックス~。山田孝之の顔がきれいだな~いいこと言うな~以外のところはつらくて、間にあの花を休憩として挟みながら見てたんですけど、ウシジマくんは胃が痛い…

紅茶のタルトを一口

昨日は暗いブログを書いてしまったけれど、本当は好きな友達と1ヶ月ぶりにラーメンを食べに行って恋バナをたくさんしたの。「共学って大変だね」なんて言われたけど、女子高に通ったことはないし、日々の生活は私にとって女子高みたいなもので、もう二年の後…

おばけが私の気持ちを食べてくれますように

街はなんだかハッピーヤッピーハロウィンのなか、私は一つ歳をとった。 あらゆるイベントを一人で過ごすと寂しさが浮き上がる。クリスマス、バレンタイン。プレゼントをあげる相手、くれる相手がいて本当にウキウキワクワクするものだ。街が明るくて、活気が…