読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

矢を放つだけじゃ勝てないんだなあ

 

 口口口口口口口

 口  言  口

 口  葉  口

 口口口口口口口

 

 

 

 口から出た音になった言葉は、受け取る側の人が言葉を発した人をどう思っているかで意味も形も効力も価値も全然違うんだろう。私の声は空回り。あぁ、この人にこんな表情、私にはさせられない。イケメンや美女や家族や親友や恋人に位置する相手にはかなわないから、さ。

 でも、私が言葉を選ぶことで、私自身の形や見え方が変わる可能性があるのなら、飲み込んだ言葉がどこかで意味を持つのなら、    

 都合のいい言葉だけ注いだ結果、正直なあなたが怖くなりました。私はどんな言葉を投げられるんだろう、その言葉が私をどれだけ傷をつけ、跡となり、遺ってゆくのだろう。嫌という気持ちが大きくなる一方、どんどん好かれる。その好きもきっと素直な気持ちなのでしょう。信用してもいいのでしょう。

嘘つきな私をどうか、

 

 

どうか、ブン殴って