読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春からセーラー服

 

女子高生って最高。みんな同じ制服を着ているはずなのに個性が一番分かりやすくて大好き。彼女たちは学校内での上下関係とか決められたルールの中で めいっぱい自分を魅せる方法を知ってる。スカートの丈・開けたシャツのボタン・リボンやスカーフのカタチ・紺か黒のソックスの長さとワンポイント刺繍・制服のポッケから出ている携帯のストラップ・友情や彼氏の所有を示すキーホルダーや名札・放課後だけつけるピアス・夏休みだけ染めた茶髪・指定のセーターの下から覗く色とりどりのカーディガン・髪を結うためのゴム・絶対固定のアイプチ、前髪・お揃いのミカサのカバン・harutaのローファーの色とつま先の形・朝からしっかりアイロンをかけた髪の毛・プールの後に見える 朝直したはずの癖っ毛・シャツが透けて見えるブラジャーやキャミソール・体育後のシーブリーズ・友達と食べるためのお菓子・お母さんが作ってくれるお弁当・ラケットを持って登校・ばれないように見る英語の小テスト前の授業の単語帳・友達に書かれた落書きだらけのノート・どんなに暑くても頑なに着ない半袖のシャツは長袖のシャツを捲って スカートも捲って・どんなに寒くても履かないタイツにおろさない捲られたスカート。

 

髪の毛からつま先 香りまで とってもとっても尊い

 

制服があるからこそ私服が新鮮で 勝負で 校則があるからこそ彼女たちはルールの中で征服しようと足掻く。怒られても 自由を謳歌するために戦うんだ。みんなと同じ制服だけど 己の武器を強く持っている。そして口を大きく開けてその時を仲間と一緒に笑うんだ 今が一番 みたいな感じで。あの子らにはかなわない

絶対的な女の子 。