読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賞味期限の管理がわっるいせいで青ジソドレッシングが嫌いになった話

f:id:irusuu:20160713013449j:plain

8ヶ月前の賞味期限の青じそドレッシング。開けた記憶がないけど常温で保存されていた。普通に酸っぱい。他人にあげたりこっちによこすなよ、とのライン。うんうん。おっけー。しないしない。いらないものをあげても他人もいらないてことだな。とのライン、soon、うんうん。しにたいしにたい。

味変わってないし、環境のために使飲みきって死のうかなあ あ、にリットルもないや

 

人が作ったご飯を食べるのは美味しいし、人とご飯を食べるのは美味しい。人に褒められるのは嬉しい。ありがとう、ありがとう。急にもらえるおやつは嬉しいし、ほくほくする。「元気そうで安心した」と言われればちょっとときめくし、人のことを思ってプレゼントやサプライズを考えるのは楽しい。案外、他人の誕生日なんて人はどうでもいいんだって去年思ったけど、好きな人たちの喜ぶところを想像するのはまあ、私の幸せであるなあ。あーあ、知らなくていいことは知らなくていい。言わなくていいことは言わないように生きるし、でも、そしたらこのブログはいらないことしか書いていない。この間、小クワガタを見つけた話は書いたっけ?ゴキブリを初めて見たのは?好きなことソフトクリームを食べたし、周りに言えないような話をしたし、この時点で何者かになっているのでは?めっちゃトイレ行きたい。

終わったのは始まったから、負けたのは戦ってたから、別れたのは出会えたから、っていうんなら、また負けるために戦う何かを始めましょうかね、絶対焼かない、絶対泣かない夏にしようね、白い私でいましょう、ね