キモオタをやめて得たこと、失ったこと

 

かつて私はオタクだった。キモい方の。いとこの影響だった。

田舎の小学校に通って同級生が一桁しかいない閉鎖された空間で過ごしていた私には週一で遊びにくる同級生のいとこが持っているものが新鮮だった。いとこの持っているもので、今でも一番羨ましいのは 姉 だ。ずっと兄か姉が欲しかった。上の存在があることで持っている物や情報や言葉の知識が全然変わる。弟と妹しかいなくて幼稚園にも友達がいない私は いとこ二人が喧嘩している時に間に入って呑気に聞いたのだ。

「ばかってなあに?」

硬直してたと思う。明快な説明もなかったと思う。5歳くらいの女の子の質問に5歳と10歳が果たして「馬鹿」の意味を答えられるだろうか。20歳の私でもうまく説明できないだろうし、「そんなこと言っちゃダメ」って答えるだろうな。

それくらい日常茶飯事に使われるような感覚的な言葉の意味を相手に問いたことがあるだろうか。記憶の中に「バカって何?」と「バカ」の言葉の意味を問いただすような思い出があるだろうか。

新鮮だった。そんな些細なことまで分からないくらい一人だった。きっと たぶん、分かんないけど

お母さんは弟や妹で手がいっぱいだったし、お父さんは火曜日休みで幼稚園に行っている間私以外の家族でお買い物行ってたし。幼稚園では友達いないし、物理的ないじめにあってたし

だから、半年先に生まれたいとこに 気に入られたくて 妹みたいに扱って欲しくて 更には 羨ましくて 憧れて 真似ていたかったんだと思う。 

それはそれは長く続いた。

キモオタをやめようとした高校一年の時に、いとこへの崇拝は終わった。

同時にずっといとこの方が大きかった身長も追い越し、8冊くらい続いた交換ノートも終わった。返ってこなくなった。永遠に続く予定だったのに

 

小さい頃から無意識にアニメは見ていた。再放送もふくめて、キテレツ、ブラックジャックハム太郎カービィ、らんま、カードキャプターさくら、あたしンチ、ラスカル、ドラえもん、もっともっとたくさん見ていたけどあげだすとキリないね。ボボボーボボーボボ

私は小学校から中学校の時、どれくらいのキモオタだったかというと、

太鼓の達人で「ハレ晴れユカイ」むずかしいしたり、

自主製作で漫画描いたり、

ちゃおを読むのをやめてジャンプ読んだり、

TSUTAYAで借りて「らき☆すた」見たり。

 

パソコンが(触らせてもらえ)なかったし、田舎だったので深夜アニメもやってないから神聖のオタクには「はっwwwこの程度でwwww」と思われるにわかのオタクかもしれない。

 

中学生のときは、

あるキャラクターのスチル?が一枚足りないため、乙女ゲームをするいとこの横で樹形図を書いたり、

交換ノートにいとこが「腐女子」のことについて色々書くものの、私の知識を汚さないためかはっきりとしたことは書いておらず、「腐系←wwwry」の意味が分からないものの、相変わらずパソコンには触らせてもらえないので「腐女子」をオタクの最上級みたいな感じで受け取り、意味が分からないまま、腐女子じゃないのに腐女子を名乗り出したり、

友人に「このキャラクターのマフラーは**の柔軟剤で洗ってそうだよね!」と言われ限界を感じたり、

ライトノベル文学少女」を読んで拗らせ、紙を食べてみたり、

 中学では深夜アニメを見たり、漫画を読んだりする人の方が多かったから私も大っぴらにオタクを謳歌していた。

パソコンがないとオタク活動にも限界があるね。自分よりも想像が豊かすぎるオタクを前に諦めていた。私にはこんなことまで考えられないよ...って。あと、完全に手探りでオタクをやっていた。

でも、このくらい高校で巻き返せたはず。

受験が終わったと同時に私は携帯電話、スマートフォンを手にいれられたから。さすがに検索履歴や友人との連絡まで監視するような親ではなかった。だからスマートフォンを手に入れて自由にyoutubeで音楽が聴けることがめちゃくちゃ嬉しかったし、沖田総悟の画像保存しまくった。

 

しかし、この沖田さんの画像は三ヶ月後くらいに全て消すことになる。

高校へ行き、デビューをするつもりはなかったが、猫の皮をかぶる。中学の知り合いがたくさんいる高校に行ったのに二分の一の確率のクラス編成なのに友人はほとんどいなかった。周りに知り合いがいないこと、隣の席が茶髪に染めてて、口が悪い女子になったこと。怖くて、周りを見渡して決めた。

表向きの「オタク」をやめて「フツウ」の「わたし」を演じることに。

もちろん、家では高校卒業までジャンプ読んでたし、アニメ見てたし 一番くじ引いてたけど、「わたし」を「見られる」ことを意識した上で考えながら学校では生活した。

中途半端な「にわか」に落ち着き、追い求めすぎず、おしゃれな子全員ではないけど、話せるようになった。二年で仲良くなった美術部の女の子の乙女ゲームの話も漫画の話もある程度話し合ったり、聞くことにも抵抗がなかった。

どこにいても「嫌悪」がなかった。なんとなく、誰とでも話せた。

しかし、どこにいても「強い」繋がり、というか絶対的な何かはなかった。どこにいても、私は「わたし」の立ち位置があってスクールカースト上位には入られないし、美術部の子達には美術部の世界があった。私は吹奏楽部。しかも、吹奏楽を真面目にやってた唯一の吹奏楽部。

オタクをやめてよかったことは、色んな人の意見を表面上聞かせてもらえることが多かったこと。どこにいても、浅く広く、時々中学からの友達がいれば少し深く、立ち位置を変えず笑っていられたこと。上手く道化できたつもりだけど、本音を言わないのはバレているみたいで、それが許されたのが救いかなぁ。

オタクをやめる選択肢をしていなければ、今ごろきっと「好きなもの」を大きな声で言えることができたかもしれない。「好きなもの」を諦めず、もっと人と深い関わりができて、創作なんかしちゃってイベントとかを楽しめる全く別の人生があったかも。

私は前者の「わたし」をとったけど、かつていた「オタク」は、本棚を見れば大量の愛した漫画と少しのグッズがあって、それは今できない「好きなものを叫んでいる自分」がいて私にはそれを捨てられない今がある。今の私をつくったまぎれもない過去の私がそこにいる。

「オタク」をやめなければよかったとはお金もないし、現実的なドライな考え方になった今はあんまり思っていないけれど、アニメ、漫画、ラノベ、ボカロ諸々 私に感情を与えてくれてありがとうね

俺は自分を守りたいけれど

 

どうやって守ったらいいかわかんない

 

 

 

今日の格好は自転車より歩いた方が可愛いからゆったりとした五キロを進む。長いバイパス沿いでやっぱり自転車で来ればよかったなんて思いながら 日差しを睨む。絶対に焼けたくない。先週、慣れないパンプスを履いてアパートに着く寸前に階段を踏み外し転んでできた傷が痛い。ぴかぴかのアディダスのスニーカーを履いて、白地に青のラインが上靴みたいで 道路の上を土足の逆で歩いているみたいで 背徳感が楽しいな って思って足取り軽く家を出たはずなのに。

 

雨の日に傘を盗まれて、「傘は循環するものだから」と友人の友人が言った名言に感心したことを後悔する。循環する前に困る人がいるよ、盗めないような人がいるね。あれから傘立てを毎日確認するけど、全然返ってこないね。

 

ある寒い6月に ヒーターをつけて お前も寒かろうにと自分より前にヒーターの目の前に置いた多肉植物が死にかけている。どんどん白くなって 上向きだった葉は重力に負けて、虫に食われかけていた葉は落ちてせめてもの子孫を残そうとしてくれているのかな。ねえ、ごめんてば。もう二度としないからさ、水だってあげるし、日光だって浴びせるように心がけるから塩辛いのはやだよ

 

実家に帰ると普段より肌が白く見える。緑の反射かな それとも死ぬのかな

 

死にたいと思う気持ちでほんの少し痩せる。泣いた分の水分とともに生命力がながれてくのかな それともただのストレスか。これを笑顔で話せるようにしているつもりだけど 今、私はどんな顔してるんだろう。逃げよう 逃げよう どこまでも

お日様に当たると鬱がよくなるって聞くけど、太陽は一つしかなくて良かったね。明日晴れたら何をしようか。洗濯物かな お布団干そうかな やることいっぱいあるけれど全部明日に回しちゃったから どうしよう 明日誰とも喋りたくないかも

嘘でいいからラブソングを作ろう 御社君が弊社君になるような両思いのやつ

あー雪でもふらないかな 不謹慎なことばかり考えてごめんなさい

 

 

 

 

 

今週のお題「晴れたらやりたいこと」

泣いてもい?

 

泣かないように毎日頑張ってる。

 

「あなたは強いね」

「そんなことないよひとりで夜、泣いてるよ 強くなんかない」

「そうなんだ でも私には強く見えるよ」

 

弱さを他人に見せる強さがないだけで、不器用なところを他人に見せられる器用な人が羨ましいな

 

_____________________________________________

ほんの少しでいいから、私がもうだめだってなったときに、がんばれるような魔法をひとさじください。ほんのすこしがんばれるような前に進むためのおまじない「すき」をください。上手に息を吸って吐けるような高揚をください。

星をみて涙がでてきたからいっそ落とそうと前を向く。夜道にひとり泣きながら それでも、それぞれの生活があるんだって ちょっと高いところから住宅街を見下ろして歩く。静かな涙は冷たい。堂々と誰にも見せないでめそめそしてる。

「大丈夫?」ってきかないでほしい。 もうずいぶん前からだめなんだ。答えが分からないから大丈夫じゃないんだ。「大丈夫」って返すのはバグなんだ。「どうして上手くできないんだろう」って原因がみつからなければ、ずっと苦しいままで 答えが分かっていても解き方が分からなければ生きていくのはむつかしい。

一緒に道に迷ってくれる?笑ってる私の暗いところ見抜いてくれる?心配してくれる?路頭に迷ってたら助けてくれる?泣いてたら笑わせてくれる?

ね、今すぐ意味のあるものになってくれる?

 

銃口を向けられたことがある人生

 

 

最近の道路ってなんでBB弾落ちてないの?

 

 

 

 

 

顔写真の鼻の穴と目を画ビョウで穴開けられる人生。

「死ね」って言われたことがあるけど「愛してる」と言われたことがない人生。

 

 

自分の人生とは言え、自分が選択できることは限られているような気がする。いや、銃口を向けられるような小学校に通うのをやめて早く家出すればよかったのか。小学校中退。かっこい。銃口といっても、BB弾で撃たれただけなんですけれど。それとも日頃の行いが悪かったからBB弾で撃たれてしまうような人間になってしまったのか。彼らにそんなに悪いことしたかなぁ、足が遅かったのがいけなかったのかな、本心を隠し続けたのが気持ち悪かったかな、ごめんね。

「誰でもいいから人を殺したかった」の被害者になる確率すごくない?でも、電車を乗るために並んでいる人を見ると背後に気をつけなね、とも思う。どっち側の人間なのだろう、どっちでもないけど。

高校の担任の先生が嫌われすぎて、友人に「神様が人を一人殺していい権利をくれたら先生殺す」なんて言われていて、そんな権利を与えられたら私はいつ死んでたんだろう というか 今のところ何回死んでるんだろう と悪寒を感じた。なんていうか、小学校のときデスノートが流行って嫌いな人間の名前書く男子とクラスの中心の大嫌いな それでも仲良くしてた女子にそれを見せてもらえないときみたいな感じ。足はちゃんとついてるけど、浮遊感

レオンを見て思ったんだ。どきどきしたんだ。私は、殺すのに惜しい人間じゃないかもって。自分で自分を測って 小さくて誰にも手が届かないような気がしてる。

それでもさ、自分が生きていられる今、消えるまで頑張ろうと思った。夢がまたできてさぁ、変わってやろうって やればできることを また信じてみたいと思えたんだ。夢が叶わなかったのが人生でもまだ消えてない。まだ激エモエンドのエンドロールの続きを生きてる。「人を幸せにする職業に就く」私は変わらず世界を変える。銃口を向けてきた奴らに言うんだ「ありがとう」と

 

「カレーなのに美味しくないって相当じゃねーか」

 

 

いいから食べろや。

 

 

 

 

友人がカレー作ったらしい。牛すじカレー。「おいしくないから食べに来ない?」って聞かれて、「今日 バイトだわ」と断ってバイト先でこのことについて話したらこう返ってきた。カレーなのにっていうカレーのステータスかっこいい。いや、私が突っ込んで欲しいのはそこじゃなかったんだけども、まあ これって例えば いわゆる

「高校生なのに分数できないって相当じゃねーか」

「野球部なのにバットもったことないって相当じゃねーか」

「美人なのに彼氏できたことがないって相当じゃねーか」

ってことだと思いません?

そもそもの土台があって当たり前の上できちんとしていないと程度が普通より甚だしいと見なされてしまう。自分の価値をちゃんと理解した上で身の振る舞いを考えて生きていかなきゃ後ろから指刺されるって話。グサッ!

 

そんな社会のなかで 普通の人間のように振る舞えているか不安もあるけど、今、とてもどうでもいい。どんな風に思われてもいいや。第一印象が一人っ子なら一人っ子っていう設定でいい。いてもいなくても皆に関係ないでしょう。

生きてく上で人と関わるとして身だしなみはしっかりと あと あんまりバカさを出したくない。バカさとは偏差値以外の常識とか育ちとか細かな煩わしさとか。

好きとか嫌いとか以前にみんなに無関心で、嫌いだなと思うところも好きだなと思うところもあって その中でただ私が器用に生きられたらいいのになって。自分にとって大切な人は幸せになって私の前で笑ってくれたら嬉しいし、嫌いな人も知らないどこかで幸せに勝手にやってたらいい。どうでもいい。でもなるべく平和だと嬉しい。今は誰がどうでも誰とも分かり合える気がしない。私の痛みは私の痛みだし、あなたの痛みはあなたの痛みだ。まずいカレーの行方は知らないし、勧めてきた彼女にとって私はそんな程度の人間でしかなくて 人の日常で 大切なもの とは 一 体

とか考えるけど いつかのカレーを飲み込んで 泣いたら涙が地面に落ちることを喜んで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は 地球が23.4度傾いて正しい方向に回転していることを願うだけ。

 

 

誰かの汗のにおいがする季節

 

全然入ってこないテレビ番組と、散らかった部屋。誰かはもうここにいないから、すっと自分から意識を抜く。さんざんサボった洗濯のせいで明日つける下着がなくて、ぼやけた体で身の回りをやっと片付ける。

毎日楽しい。夜遅くまで学校に残ってみんなの顔色を伺いながら手伝って作業する。失敗できないパネル貼りと、薄暗い証明の中だんだん展示ができてくる。週のど真ん中あたりからもうとっくに頭はフラフラだけど、口から声を出して顔を動かして誤魔化す。みんな自分をみせるのがうまいなと横目に、既にできたコミュニティの中に入れないことなんかどうでもよくて、ただ空気洗浄機みたいな役割ができたらなぁと思う。

ほんじつ日曜日。体を起こして背を伸ばして自分の空気を入れ換える。だれか楽しい漫画貸してくれないかなぁ