針に意図を

 

なんで私はこの人が苦手なんだろう

人類すごく片想い。恋じゃなくても、恋じゃないからこそ、色眼鏡なんてないからこそ、周りが見えるからこそ冷静に、あぁ私はこう思ってるけどな って思う。「私だけが片想いだったのね」って言われてずっとずっとそうだったよ 今更 気づいたの?って思った。すごくすごく冷たい自分がいて、それを隠しながら生きている私の悪いところです。

分かったフリをして 大事なフリをして 生きていたいじゃん。生きなきゃじゃん。「死にたい」なんて言えない世の中で言っちゃいけない世の中で。それと同じく「ラーメンやお寿司が嫌い」と言えないこの世界。味やにおいが嫌いなわけじゃないし、普通に食べられるけど、誰からも愛されてる当たり前の存在が嫌いだし、小さい頃、外食続きで私は金額を気にしてメニューから選んだり、弟がたくさん食べて吐いてるの見てこんがらがった気持ちがずっとここにあってほどけなくてバカだと思うけど、未だに嫌い。ごめんなさい。好きな友達に合わせたふりして食べに行く。家族に言われた「寿司とラーメンが嫌いなんて意味が分からない」分かんなくていい。そっちのが幸せだと思うし、もう言わないよ

なんでもかんでも顔にでるのやめたい。もう子どもじゃないんだからポーカーフェイスできるようになりたい。顔を擦る。目の下が乾燥してる。うまく笑えない誰にも会いたくない

自分のことばかりで情けないね。こんなこと言わないでいい。早く雪が降らないかなぁ。全部全部真っ白にしてほしい。目に映る情報を極力少なくしてほしい。そんな日が多い

音楽がこの世にあって良かったな。このことをわたしの大切な人にもわかってほしい。

わかってほしいこと わからなくていいこと しゃがんで同じ目線ではなしを聞いてくれる人。すごく高い位置を見上げてるような顔した私はこれっぽっちも大きくなれない。当たり前を当たり前として理解してても、飲み込めないこと、全然違う方向を向いててくれたらこんな顔してるの、気づかれなくて済むのに。あーあ

白黒ボーダー

 

ボーダーを着る女はモテないらしい。

ボーダー着なくてモテない人間をどこへおいやるのだろうか。あんなに着やすいのに。囚人服みたいなチュニックを試着して「どう?」と聞くと「太れないね」と言われた。ボーダーが着れないくらい太った方がモテるの?ん?

 

テレビの音がありえんくらい小さい。私は字幕つきで見る。ドラマは数秒早くネタバレしているような気になる。「今なんて言ったの?」て疑問に思う合間に次の言葉が拾えなくなる。アパートに母が来ると必ず設定をオフにされてる。私はオンに戻す。

朝、窓を開けてそのまま家をでれるのは二階へ引っ越した特権だね。前の部屋でも開けてたような気がするけどね

右上の空に雷がビカビカ光ってて でも、音は鳴ってない。小学生の夏休み、近所のお寺に雷が落ちて火災が発生したからプールを中断させられて帰ったときに、雷が落ちたら火事になるんだ、って思ったのに火事が起こらず家電が全部使えなくなるケースもある話をされて、一番最初に何が欲しいかな、なんて考える。今年の三月は電子レンジと冷蔵庫なしで生活したからなぁ。炊飯器と洗濯機とヒーターは欲しいなぁ なんて

箸が二膳しかない。だから食器はためない。水筒は鞄の中から出し忘れて次の日に洗いがち

最近てに入れた電子レンジの存在を忘れがち。もう冷凍食品を買ってもいいんだよってなかなかスーパーで思い出せない

五時になるともうこんなに暗いんだねって言う相手もいなくて 携帯の画面の眩しさと目の前の食事を見比べてなんだか寂しくなる。

このアパートが好きだ。誰かと一緒にお昼寝したい夢を見ながら孤独の城で息をする。

観葉植物は死んじゃった。でも、独りに戻っただけ それだけ。

 

祈り

 

 

むっちゃねむい

誰かの中で生きてる私がちゃんとその人を裏切らない私になれますように

「大丈夫」の魔法を私も使えるような人になりたい。

ちゃんとしたい。

二十歳の私はよく泣いた。バイトで泣いて失恋して泣いて、親と喧嘩して泣いて、言われたことを色々気にして自分のことを省みて泣いた。

だらだら続いていた恋を終わらせたのがすごく大きな変化だったと思う。思う通りにいかなくても待ってくれる。自分で閉じこもっていた殻の外は意外と優しかった。「発信する」ことが吉とでたり凶とでたりするけど、何かが変わる。変わっていく。変えられる。あとはそれに慣れるだけ。意外と生きていける。

あと、辞めたバイトのおかげで男の人と話せるようになった。

教職の授業がやっと楽しいというか人生に必要なことだと思える先生に会えた。

人を選ぶなって母親によく言われていた。けど、人は選ばれる。無条件に選ばれるなら頑張らないでしょう。信じたい人を私は選び、繋ぎたい。

自分本意で生きてる。いつか痛い目見て笑われるのかな。でもそれは私のこと、知らない人だから、やっぱり私はちゃんと頑張ったよって自分に嘘をつかずに抱き締められるような人でありたい。

21歳の目標を前に20歳のうちに何をするか、残り20日で考えて考えて、すんなり叶った。本当に欲しいものはなんなのか考えて でも怖くなって でも、ちゃんと後悔しない選択ができたよ。

何も残らなかったわけじゃない。

 

通りすぎていくすべてのことじゃなくても、その中のいくつかに意味がありますように。

ラッキーアンハッピーハッピー

 

イェ~イ!恋ってむつかし~い!

 

わたしばっかり好きなんじゃないかとか、好きな人に冷められてるんじゃないかとか、嫉妬すらされないんじゃないかとか、私の好きをどうしてくれるんだとか、なんで私とつきあってるんだとか、好きな人が私の横にいる今楽しいかなとか、照れたり笑ったり顔色伺って白黒じゃなくて、ちゃんとピンクか赤か青か愛か恋か確認しようと必死なおんなのこたちが眩しすぎるぜ

 

恋バナ大好き。私にはなかなか生まれない感情を持ってあーだこーだ悩んでる女の子たちが愛しすぎる。でも、白黒はっきりさせようとして上手くいくパターンを私は見たことがないよ

「なんで私と付き合ってるの」って聞いたら「分かんない」からのバットエンドだったから絶対に聞いちゃだめだよ。っていうべきなのか分かんないけど、現状に満足しないのも分かるけど焦って自分のペースでぐいぐい進めるとただのわがままになりそうだなっても思う。これは私が恋をしていないから俯瞰して言える今のことなんだと思います。

男の子もうまく付き合ったらいいのにって思うし、私が中高大学それぞれで「彼女にしたい女ランキング1位」の中学以外の女の子たちに「すみちゃんが男だったらな」ってよく言われたけど、私が男だったら私も幸せだったのかなぁ。いや今も幸せだけれど

「今日はいい日だね」ってママにソフトクリーム買ってもらった女の子が言うんだ。そしたら彼女は「私も今日はいい日だねって言いたい」って。「私とラーメン食べたしいい日ってことにしてよ~」「いい日だけど、ジャンルが違うもん!」って ほら フられた。ふえ~ん

そうしたら私はやっぱり、男の人に恋とかしたほうが良いのでは。恋、こい、乞い

恋じゃないけど、すごいな、好きだなって思う人がいる。なんか不思議だ。「胃腸炎になりながら免許とったから運転こわい」に「胃腸炎になりながら免許とれたなら大丈夫」って言ってくれる。「またね」って言ってくれる。不安に思ってることをそっと払拭してくれる。安心させてくれる。「大人」だなって思う。「まだ二十歳なので」って言ったら「若けー!」って言ってわざわざ年齢教えてくれる。知ってる。そんなところが好きだなぁって思う。次はどんな理由で呼び出そうかななんて思う。偶然会いたいな。

友達の彼氏への返信を考えて、「モテるね」なんて言われる。「声が優しくて泣ける」なんて言われる。自分の声、低くて電話にでると「息子さんですか?」なんて聞かれるし、嫌いだ。初めて言われたな。一生懸命考えたことが誰かに優しく聞こえるなら伝えることを怖がりすぎないように考えてがんばろう。

恋じゃなくても、やっぱり好きって気持ちで丸く幸せになれるなぁ。恋じゃないことに悲しくなったり、寂しくなったりするけれど、「またね」があるのを信じて私は明日も起きようと思う。

 

最近恋バナばっかしてる

 

 それとそれ以外となんかいろいろ蚊帳の外でもあるけど

 

みんなハロウィンどうする?って相談してる。私はかぼちゃの種の栄養素を調べて油であげて口のなかで固い殻を割りながら咀嚼してたけど、顎が疲れて一粒だけ口に入れて中の柔らかいところだけ食べて固いところを吐く作業へ取り替えた。もう二度とやらない

私の時間だって私の時間なので、と思うようにしている。

私が遅刻をして人が傷つくことを初めて知った。バイト以外だといなくてもよくない?って気持ちがバカ大きくて一時間はやく起きたろうが、三時間はやく起きたろうが遅刻するときは(ていうかほとんど)遅刻する。たぶんいつか痛い目みる。完全に癖でそれはそれは嫌なことから逃げたくて逃げれなくて足掻いていて、行きたくないから「ギリギリまで行かない」が 行きたくないわけでもないけど「ギリギリアウト」へシフトしてしまった。バカだと思う。自分の弱さが他人を傷つけた。だから今日はちゃんと早起きして行ったよ守るよちゃんと(たぶんいまだけ)

風がここちいい。自転車こいで髪の毛が頬のよこでサラサラする。父親は自分で「いい感じの天パだ」って自分の頭を褒めるけど、私も自分で「いい感じのまっすぐさだ」と思う。天パは全然さっぱり受け継がなかったけど、柔らかい自分の髪の毛が好き。「いい毛並みだ」って褒められながらも「サラサラすぎてかんざしで留まらない」って言われたのもなかなか忘れらんないね。

好きな子が好き。それだけでいいね いいよ

「禁断の恋する?」はずるい。私に恋愛相談をもちかけて少女漫画ばりの甘えを考案したら「キツいキツい笑」っていうくせに、私には冗談で「禁断の恋」とかいう冗談を持ちかけるあたりすごい女だと思う。よく分かってる気もするけどよく分かんないよ。

低気圧が去ってよかったね。紆余曲折だね人生ね

公共の場の掃除が好き。自分の部屋の掃除はなんだかだるいけどね。なんでだろうね

分からないことは考えることを放棄していることを否定してほしかったな。今を生きてる君の気持ち、過去の自分と重ねてひとり あんなに近くにいても、片っぽは空虚なため、お別れすることにしました。バイバイもう会わないと思うけど

なんだか明るいvs生まれたときから暗いがんばれがんばるむにゃむにゃごくごくぎゅんぎゅる

ちゃんとする.com

「料理の最後に乾燥パセリをかけるとなんでもおしゃれに見える」

 

東京へ行っちゃった友達の家に遊びに行ったらカレーをつくってくれて、私は嬉しくて写真を撮ろうとしたら「待って!」って制されました。友達が台所から乾燥パセリを持ってきてかけて「いいよ!」って言われ、写真を撮ってふたりでカレーを食べながら友達が「乾燥パセリをかけるとなんでもおしゃれに見えると思って自転車で遠出して乾燥パセリを買いに行ったんだ~そしたら筋肉痛になっちゃった」って。「今日のためにわざわざ買いに行ってくれたの?」「うん!忘れなくてよかった!」と言うので可愛くてかわいくて悶えました。

愛じゃないですか かわいすぎる 超会いたい ありがとう だいすき

忘れて幸せに生きる道もあるけどね

 

ずっと考えている。

 

大学生活があと1年と半年しかないこと。私のハタチの寿命があと12日しかないこと。

友達の21歳の誕生日を祝い、「21歳の抱負は?」と聞いたら「21歳はババアの仲間入りだと言われたので若くありたいと思いマス」と返事だったので「「「若く」」」って返したら

「お前も20日後ババアの仲間入りだからな」

もうとんでもない暴言すぎて笑っちゃった。笑いながら二時間未読無視した。

もうすぐババアだって。

見届けてくれよ。歳をとるのが怖いわけでもないんだけど、何も持っていない方が人は無敵になれるというか、このまま死んでもいいやみたいなことがさ なくなるように生きていかなきゃなのかなあって思う

人と縁を切った。

「縁って繋がっていたら嬉しいんだと思う」についに「うん」と言えなくなってしまった。考え方が平行している人に「根本的に混ざらないものだと思う。それでも一緒にいることは可能だけれど」と言われ、混ざらないどころか近寄ってすらいなくてこんなに私だけが苦しいなんてことある?「関係を終わりにしたい」それから返事はなかった。こんな終わりを望んでいなかった。それに考えて返事が欲しかった。もう会うこともないんだろうな。先月彼女にあげた私が知らない彼女の友達が「彼女らしい」と評するイヤリングは彼女の目にどう映るんだろう。

低気圧がくるたび「頭痛い」ってラインが来ていた。私はどうすることもできないし、分かってあげられない。ただ、今は天気が悪いと彼女を思いだす。また頭割れそうとか言ってんのかなって。

私の悪いところは、人にそのときこう思ってたことをそのとき言わずに呪いになって引きずりながらその人と生活をしているところ。でも、今更言ったって「今更」って言われるだろうし、私だったら、そう思いながらも一緒にいたんだって思うのが一番怖い。彼女はちゃんと生きてるかなあ。

私にとって納得のいく終わりってなんだろう。

今できること、やるべきことってなんだろうってずっと考えている。どうしたらよかったんだろうでも、言っちゃったことはもう戻せないから別の終わりについて考えている。モヤモヤモヤしてる。ハッピーエンドでも激エモエンドでもさ、何かに踏ん切りをつけて生きていかなきゃなって20の私は思います。